2013/08/30

object smartphone 制作記事





オブジェクトのスマホができました~。
アクセサリー品のスマホと同じ物です。





なのでこちらも待ち受け画面と着信画面の2種類。
パッケージファイルはひとつです。





ゲーム画面ではこんな感じになってます。
「様々な装飾品」のところに入ってます。
価格は1シム・・・ダラー?

もちろん色替えもできます。





OMSPで持ち上げて下から覗いて背面を確認。
こんな感じです。
アクセサリー品と同じ、EAデフォスマホのテクスチャです。
が、なぜか側面のしたの部分に黒いラインが・・・。
まぁこんな下から覗くような人はいないでしょ・・・。
手に持たせるならアクセサリー品使ってもらえばいいし。













テッテッテレレレテレレレ♪

















テッテッテレレレテレレレ♪


プロト「ん?こんな時間に誰からだろ?」















プロト「お?メアリー?」


















プロト「もしも~し。どうしたの?・・・・ちょwご飯できたってwww下にいるんなら呼びにくればいいじゃんwwww」





こんな感じでオブジェクトとアクセサリー品のスマホを活用していただければw
アクセもオブもポーズもできたのでなで肩的に大満足!!
ずっと気になってたことがようやく出来た・・・。
立ちポーズも作らねば。
座りポーズの派生なのでラクですけどね。

今現在メッシュで服制作の猛勉強中です。
なんとかTSRWにインポートするところまではできました。
一通りのやり方はわかったので、あとは制作中の服メッシュをもうちょっと手直ししてからテクスチャに入りたいと思います。


object smartphone




















object smartphone







2013/08/26

posepack 049 制作記事





座ってスマホポーズ、サクサクっとできました~。
スマホを持つ手だけ微調整すればあとは座らせて会話してるっぽいポーズ作るだけなのでラクでした。




男性用から制作はじめたのでこっちから紹介していきます。
1ポーズ目はかかってきたスマホを手に画面を見つめるポーズ。





このポーズのときはスマホを着信画面で使用するといいと思います。





2つめのポーズは電話に出るポーズ。
男性用なので足を開いています。




口は閉じたまま。





3つめのポーズ。
足を組んで左手は肘置きに。
口も若干開けています。





「なんだって?!」ってカンジにしたかったので、下を向いてスマホに食い気味なカンジで。
「なんだって?!」じゃなくても、真剣に話してるシーンで使えそうですね。





4つめのポーズ。
足は組んだまま手を膝の上に。





正面を向いて口を開けています。




5つめのポーズ。
足は組んだまま、左手で身振り手振り。





顔は斜め上を見てます。
女性っぽくならないように腕や手の角度を気をつけました。

男性のポーズは以上の5ポーズ。
これだけあれば十分活用できるかと。





お次は女性のポーズいきます。
ポーズプレイヤーだと女性から先にあがるんですけどね。
5ポーズとも男性とほぼ同じポーズなんですが、女性らしく足を閉じたり指を大きく開かないように直しました。





1つめのポーズは電話をとるポーズ。
足を閉じて、指の感覚を少し狭めています。




お次は電話に出るポーズ。
こちらも足を閉じ、手を膝の上へ。




男っぽくならないように、膝に置いた左手も脇をしめて、携帯を持つ指も少し閉じています。




3つめのポーズ。
通称「なんだって?!」ポーズです。





こちらは男性と違い、足は組まず女性らしく斜めに。





4つめのポーズ。
こちらでようやく足を組みます。




こちらも男っぽくならないように、組んだ足をあまり開かずコンパクトに。
膝の上に置いた左手の指を少し曲げてみたり。




5つめのポーズ。
再び足は組まず、今度は逆向きに。
左手で身振り手振り。




掌を返すと女性っぽい。
男性はこうならないように手首はまっすぐです。




というわけで、10ポーズできました!(♂5、♀5)
自作のスマホに合わせて作ったポーズですので、他の職人さんのスマホだと指が貫通したりする可能性があります。
お気をつけください。
スマホのDL先は、アクセサリー品のDLページにもありますが、posepack 049のDLページからも飛べます。

それから今回すべて表情はつけていません。
いろんな表情で使いたかったので、口を開いているか閉じているかだけです。
表情をつけたい方はCAS画面で眉や口角を調整することをおすすめします。

あと画像のソファーの位置で肘の高さなどを調整して作っているため、ほかのソファーだと腕が食い込んだり浮いたりする可能性がありますのでお気をつけください。


近いうちに立って電話するポーズも制作したいと思います。
スマホのパターンを変えてスマホカバー使用っぽく撮影すると、立って電話するポーズも必要になると思うので。
スマホカバーでキャラの個性を出したいのでね。
それからオブジェクトとしても同じスマホを制作する予定です。
テクスチャはそのままなのですぐできるはず。



posepack 049 seat talks on the smartphone




















 






スマホはこちらからDLできます→accessory Smartphone